プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
100点至上主義
先日私の塾に通って半年になる生徒の保護者とお話ししました。

その話の中で小学校の先生の指導方法について何とかならんかな~

と思ったことがありました。

その先生は漢字の習得に異常に熱心で

漢字書き取りの宿題が毎日大量に出るだけでなく

各自が100点を取るまでひたすら漢字練習をさせるそうです。

う~ん・・・

もちろん漢字を覚えることも大事なんだけど

小学生の学習内容を全体的に見れば

優先順位としてはずっと後なんだけどな。

しかも100点取ることを第一目標に掲げてしまっては

素直な子であれば、自分の持てる力を全てそこに使ってしまうのよ。

隣の席の子が100点取っていれば

「私だって!」って思うのが子供なのに(>_<)

そんな安っぽい目標を立てて、大切な子供たちの

時間と労力を奪わないでほしいです。

12歳までに最も注力しなければいけないのは

考える力を育てることなのに、

こういう周りからチヤホヤされて変に力をもった先生が

そのことに気づいていないのが本当に悔しくて残念でなりません。

しつこいようですが、12歳までに最優先で習得しなければいけないことは

「考える力」なんです!

無駄に知識だけを増やすことではありません。

うわべだけの解き方を覚えることではありません。

ましてや100点を取ることなんかでは絶対ありません。

仮に100点を取ることを目標としたとしても

それは先生が与える目標ではなく、

子供が自らの意志で設定するものです。

本当は先生だけでなく全ての親がこのことに気づいてほしいです。

でないとこういう先生が有難がられて、

ますます勘違い教育を助長してしまうから。

とりあえずこの生徒の保護者には

こういった学校での取り組みが現在の我が子には望ましくない

ということを、今度の家庭訪問の際にハッキリと先生に

伝えてくださいとお願いしました。

許されるなら私がその場に同席して

何時間かけてでもその先生にご理解いただきたいくらいです。

こんなことが日本中の小学校で行われていると思うとゾッとしますが

運よくどんぐりに出会えた子供とその保護者には

強い意志をもって頑張っていただきたいと思うし、

私ももっと頑張らないかんと思いました。



学校、子育て、教育、長野市の塾
子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tbacademy.blog.fc2.com/tb.php/61-3f129111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)