FC2ブログ
プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
考えるは楽しい
教室でじっくり一つの文章問題に取り組んでいる子を眺めるのは

本当に楽しいですよ。

ヘンな趣味ってわけじゃないですけど…

だって、子供たちは

時には真剣な眼差しで

時には目をキラキラさせ

時には唸ったり

時には雄叫びを上げたり

時には鼻歌を歌ったり

本当にいろんな感情を表現し、味わいながら

大人でも考え込むような複雑な文章問題を楽しんでいるんですから。


中には終始静か~に解いて、

おすまし顔で私に見せにくる子もいますが、

そんな子でも、学校の計算ドリルをやっている時とは違い、

明らかに楽しんでいるのが、解いた内容を見れば誰でも分かります。


たまにテンション上がりすぎちゃって、

大きな声で騒いで、私に注意されたりする子もいます。

そしてそれが何度も続くと、

「他の子に迷惑になっているのがわからないなら、この教室やめてもらうよ!」

と私も少しきつめに叱るのですが、

「やだ、やめたくない!」と涙目で訴えるので、

「こんにゃろー!」とコチョコチョ地獄をお見舞いして

結局許しちゃいます。

だってそういう子が一番考えることを楽しんでいるから

その機会を奪ってしまったら

学校のつまらない苦しい勉強だけになってしまうしね。


なかには昔やらせていた習い事は

行くのを嫌がってばかりいたのに

この教室は全く嫌がらないんです!

って驚いている保護者もいますが、

当然というか自然な事なんです。

本来子供は ”考えることを楽しめる動物” なのですから

それを正しい理論と手法で取組めれば

自然と自ら考え、またそれを楽しめようになります。

結果として受験やテストも含めて人生を楽しめるようになるでしょう。

でもね、小学校のやり方一辺倒では、なかなかそうはなりませんから。

気を付けましょう♪




スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tbacademy.blog.fc2.com/tb.php/157-f98a1615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)