FC2ブログ
プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
子供の忍耐力と創意工夫する力
我が子の将来を考えて、良かれと思って様々なことを子供にさせている親は多いと思いますが、

中にはマイナスの結果を招いてしまっている家庭をたまに見ます。

ちなみに私から見たマイナスとは

子供の健全で自然な成長を阻害すること

子供の心を育てずに潰してしまうこと

子供を独自の人生を持った一人の人間として見れず、親の価値観を押し付けること

でしょうか…

特にこれは日本人特有のものかもしれませんが

一つの価値観として、忍耐=我慢=美徳とする考えが強く

我が子に忍耐力を付けたいという大義名分のもと

嫌がることを無理に継続させている親を時々見ますが

…本当に危険です。

また子供が嫌々ストレスを感じながらすることは

家庭内だけではないかもしれません。

むしろ学校の方がその強制力の意味でも危険で

注意が必要かもしれません。


確かに生きていれば生活のためにやりたくないことも

していかなければならないこともあるでしょう。

しかし子供時代にそういった忍耐をつける目的で

嫌々させていることが、最初は抵抗していた心に防御壁を作らせ心を閉ざし

感情をオフにして笑顔を消し去ってしまいます。

また幼少時にストレスを与え続けた脳の偏桃体は肥大し、


親や先生が良かれと思ってさせてきたことで、大人が望む逆の結果を招き

社会に対応できずに、引きこもる大人を増やし

最悪、自分や他者を傷つけてしまうことも起こり得ます。

つまりは子供に忍耐力を付けさせようなんて思わない方がいいわけです。

それよりも健全にストレスなく

賢い子・創意工夫ができる子になるように育てれば

将来的にどんな問題でも、嫌な事でも

自力で(または他者の助言を得て)考え、工夫し、

場合によっては楽しみながら乗り越えていけるようになるはずです。

この創意工夫する力こそが、本物の忍耐力ではないでしょうか。


いずれにしても子供の表情や言動を注意深く見ることです。

不要なストレスを抱え込んでいないか

よく観察することから健全な子育ては始まります。

そしてリラックスさせ、情緒が安定してから

優しくゆっくり丁寧に話しかけます。

ただ怒鳴り喚き散らして親の要求を伝えても

ストレスを抱えた子供には何も伝わりません。


子供が嫌々通う学校や

嫌々やらされている宿題や

嫌々やらされている習い事を

最終的にどうにかできるのは親しかいません。

子供の心と頭と体が健全に成長し

日々笑顔が絶えずに、様々なことを楽しみながら経験し

将来自分自身の人生を自分の価値観で生きれるような人間になることが

できるかどうかも、最終的には親次第でしょう。

どんぐり倶楽部にはそんな子育てのヒントだらけなので

親として楽しく子育てができて助かってます(笑)







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tbacademy.blog.fc2.com/tb.php/151-c4379e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)