プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
防衛大卒が人気のワケ
当塾で学んでいる学生も含め、子供たちはいずれみんな社会に出ていろんな仕事に就くわけですが、先日こんな記事を見つけました。

「防衛大卒、なぜ大手企業採用担当者たちから大人気?」

防衛大と言えば、自衛官幹部候補として一般の大学生とは違い、厳しい規律の中であらゆる面を鍛えられる一方で、学生といえども毎月給与をもらっている特別職国家公務員の身分の方々。

では今の企業はどんな人材を求めているかというと、「頭脳明晰、かつ礼節を兼ね備え、上には絶対服従、だが盲従に非ず。それでいてリーダーシップある人」。
こうした素養を兼ね備えている人材として、いつの時代も企業側が注目しているのが、防衛大学校の学生というわけです。

なぜかといえばこんな理由。

「防大の学生さんは、4年間、規則正しい集団生活をしてこられた。素行面で問題ない。学業も熱心。語学力も高い。文系学部の方でも数学も強い。運動部への入部を義務付けられている。だから体力、気力も申し分ない。そんな知力・体力・気力の三拍子揃っている防大生は、ビジネスマンとしても十分通用する人材。」

だそうですが、実際は卒業後に民間企業に就職するのは1割も満たないそうです。(税金で学生生活を送るため、自衛官にならなければ非国民と思われるなどの理由)。

しかし、それでも一流企業は東大卒の勉強しかできない学生より、トータルバランスに優れた防衛大生に魅力を感じるとか。

で、ここまでの話の中で私が一番気になったのが、「礼節を兼ね備えながらも盲従に非ず、リーダーシップある人」が現代社会で強く要求される点。

つまり、「マニュアル人間ではなく、自分の考えで行動し、組織の中で率先して問題を解決できる人間」ということ。

意味のない先取り・スピード学習だけして、目先のテストの点だけ追い求めても、「思考力」が育ってなければ、結局社会に出てからの評価は低いですよってことですね。

あと礼節を兼ね備えるには、どうしても家庭環境における「躾け」が重要になってくるんですよね・・・

塾に平気で遅刻したり欠席する子供のお母さん。よ~く考えていただきたいです。



学校、子育て、教育
子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tbacademy.blog.fc2.com/tb.php/14-130475ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)