プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
危険なスポ少
このところ面談している家庭での問題として

立て続けに「行き過ぎた運動系習い事」がありました。

いわゆる「スポーツ少年団」というやつですが

野球
サッカー
ドッジボール

あたりが多いですね。

土日は毎週練習か試合。

小学生なのに、長期休みには県外まで遠征試合に行って

クタクタになって帰ってくるそうです。

せっかくの休みにリフレッシュ&リラックス&リセットできずに

休み明けの学校に行ったらどうなるでしょう。

監督から怒声・罵声が飛び交うようなスポ少チームは

子供たちがどんどん辞めていき

試合には強いチームなのでしょうが、人数はギリギリで

辞めたくても辞めさせてもらえないという

ブラック企業さながらのチームもあるそうで…


大切な感味力育成と思考回路作成時期に最優先しなければいけない

外遊びの時間を削って何をしているのでしょうか。

余りにも度が過ぎやしませんか?

偏りすぎですよ。

子供たちから笑顔が消え

自然に育つべき能力が全く育っていません。

いろんな話をしたくても会話が成り立ちません。

様々な実体験が少なすぎて

言葉や文字から何もイメージできていないのです。

そこまで大切なものを犠牲にして

そのスポーツから得るものとは何なのでしょう?


将来トップアスリートになって

生涯困らないほどの報酬が得られるのは何パーセントの人たちなのでしょう。

ほとんどのスポーツ選手が短い現役生活が終わった後のことで悩んでいます。

スポーツに全身全霊で打ち込むことは結構なことですが

せめて中学生からにしておかないと

その子からスポーツを取ったら何も残らないという悲惨な結果になりかねません。

12歳以下の子がするスポーツは、あくまで楽しむことが目的であって

勝ち負けにこだわる必要は一切ありません。

遊びの延長上になければいけないのです。

監督やコーチが、ミスや失敗をした子供を怒鳴り散らしたり

罵声を浴びせるなども言語道断です。


ただでさえ健全に育ちずらい現代の環境に置かれている子供たちを

大人の自己満足で、これ以上不健全にするのはやめましょう。

土日はもっと親子でやらなければいけないことがあるはずですよ。

http://www2.chokai.ne.jp/~assoonas/UC42.HTML

スポンサーサイト

コメント

内山先生 ご無沙汰しています。
記事とは関係のないコメントですが・・・。

先ほどFBでゆうがたゲット見ました!!
放送あるとは知らなかった(>_<)
知っていれば友達に宣伝したんですけど!!
子どもたちいい感じでしたね。
内山先生が素敵な方だということもわかったし(*^_^*)
上伊那でもどんぐり普及、頑張ります♪
[2017/04/13 17:02] URL | みなみのまま #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tbacademy.blog.fc2.com/tb.php/129-2037c70a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)