プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
本物を感じ味わえるように
数年前、教室の子供に

「好きな食べ物は何?」と聞くと

『カップラーメン!』

と答えた子が数名いました。

お察しかと思いますが、環境設定がほとんどできていない家庭の子でした。

当時はこの答えに「はぁ!?」としか思えなかったのも

環境設定の重要性を強く訴えてはいなかったという

私自身の認識の甘さがあったと思います。

もしかしたらこの子は本当に美味しいものを食べたことがないのかもしれませんが

あのカップラーメンの油で揚げた麺と、

下がしびれるくらい化学調味料たっぷりのスープの刺激が

この時のこの子の【美味しい】という感覚だったのでしょう。

この強い刺激に麻痺してしまった味覚と脳神経には

無農薬で丹精込めて育てた野菜の自然な甘さや

無添加の本物のダシからとった味噌汁の深い味わいなどは

【美味しい】とは感じ取れないかもしれません。


私がまだどんぐりに出会うその昔

買い物に行くと、よくスポーツドリンクを買って

家族みんなで飲んでいました。

何となくのイメージで

炭酸飲料じゃないし、そんなに甘くないから体に良さそうと思って

家の冷蔵庫には大概入っていたのでした。

だから子供たちも水やお茶を飲むよりも

清涼飲料水を好んでいたのを思い出すと

やはりあの甘い砂糖、もしくは人工甘味料の刺激に麻痺していたんですね。

今ではそういった飲み物の危険性を理解していますので

家庭内ではほとんど水でたまにお茶を飲んでいます。

100%のジュースもたまに飲みますが、月に1~2回くらいでしょうか…

いずれにしても清涼飲料水をやめて水に変えたことで

最初は子供たちも物足りなさを感じたかもしれませんが

今ではどんな時でも水だけで十分事足りていますし

スーパーなどに行っても、

「ジュース買いたい!」と言われることは全くありません。

そして親が作るご飯をしっかり味わって

「美味しい!」と言ってくれます。

このように人間は強い刺激を受け続けると

その刺激にしか喜びや快楽や満足感を感じなくなります。

これが子供であれば

その刺激は大人が感じる何倍もの影響を受けると言われています。


またこれは飲食物だけでなく

生活面や学習面でも同じことが起こります。

幼い子供の敏感な成長途中の脳神経に対して

テレビやゲームのような2次元の激しい音と光の刺激を

毎日大量に与えたり

くり返しの計算問題や、大量の漢字の書き取りのような

単調な刺激を与え続けると

じっくり文章を味わって、繊細な部分まで読み取るような問題には

全く反応できなくなってしまうのです。

表情から笑みは消え

能面のような顔つきになり

こちらから問いかけに全く反応しない高学年の子も少なくありません。

子供たちのこのような反応を少しでも感じ取れたら

子供の周りにある強い刺激物を極力排除していただくことを

つよくおススメします。

悪い刺激を受け続けた期間が短ければ短いほど

排除してからの回復も短くて済みます。

どうか本物を感じ味わえるように育てていただけたらと思います。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tbacademy.blog.fc2.com/tb.php/128-92f11c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)