プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
あいさつを強制する前に
いろんな親子を見続けて、特に最近思うことがあります。

それは”あいさつ”です。

人間同士が関わって生きていく上で

とても大切なことの一つだと思います。

特に大人の世界ではこれができていないと

コミュニケーションが円滑に進まないでしょう。

おそらく保護者の方はそこらへんの重要性を十分理解されているだけに

我が子にはしっかりと挨拶を身に着けてほしいと

日々しつけをされているのではないでしょうか。

もちろん学校でも”あいさつ強化月間”

みたいな取り組みをしているところが多いと思います。


しかしながら

それほど周りから強制的に”あいさつしましょう!”

みたいなプレッシャーを受けている子供たちを見ても

実際のところ自らあいさつする子は半分もいないような気がします。

なぜでしょう…?

ちなみに私は子供があいさつを”できる””できない”は

あまり気にはしません。

だって私自身子供のころ、あいさつはロクにできなかったですから(苦笑)

別に自分自身を正当化したいわけではなく、

”あいさつができること”が

子供時代に一番大切なことではないということです。

ですが保護者の方を見ていると、

我が子に無理やりあいさつをさせようとすつ場面を何度も見ます。

「ほら、ちゃんとあいさつしなさい!」

「先生に何か言うことあるでしょ!?」

「しっかり頭下げなさい!」

などといいながら子供の頭を後ろから押して

力技でお辞儀をさせようとしているのを見ると

「いやいやお母さん、あいさつは無理やりさせるものではありませんよ…」

と言いたくなることがよくあります。

できればその様子を動画に撮ってその親子に見せてあげたいです。

あ、これすごくいいかも!

親は我が子が他人に対して

「凄い嫌そうな顔」または「無表情」

であいさつしているのが確認できるし

どうしてもあいさつを子供にしてもらいたいなら

もっと別の方法があることを考えるきっかけにもなるかもしれませんから。


いずれにしても”あいさつ”は

それをする本人(大人でも子供でも)が

その重要性をちゃんと理解して、納得してやらなければ

心や気持ちが伝わるようなあいさつはできないということです。

僕はそれを社会人になってから学びました。

子供時代からそのことが分かって、主体的にあいさつができれば

それはそれですばらしいことですが

少なくとも小学生の間はそれを強制させるのではなく

「どうしてあいさつが大切なのか」を

自分で考えられる頭を育ててあげることが

優先すべきことではないでしょうか。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tbacademy.blog.fc2.com/tb.php/119-d902e2e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)