プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
立体図形がイメージできない子
算数・数学では「図形」という分野があり

その中でも特に「立体図形」を苦手とする子供が

非常に多く感じられます。

これって単純に小さい頃から工作が好きかどうかで決まってしまうのでしょう。


幼児のころからから積み木や折り紙をしたり、

低学年では厚紙でサイコロをはじめ様々な立体的なものを作ったり、

高学年では木やプラスチックを切ったり接合したりして、手作りオモチャや

模型作りをたくさんした子は、立方体や円柱が簡単にイメージでき

またそれを変形すればどんな形になるかを容易に考えられます。


私が子供のころは毎日家の風呂のお湯を薪で焚いていました。

そのため家にはいろんな形の木材や廃材があり、低学年のころから

薪を燃やして風呂焚き当番をしながら、木材と大工道具で

いろんなものを作りました。

風呂焚きの時に座るイスから、当時のアニメのロボットや動物に至るまで

それまで自分が見てきたものを、楽しくイメージして形にするのが大好きでした。

そのおかげで算数・数学の特に立体図形では何の苦労も感じず、

簡単に問題を解けたし、他の単元でも絵図をイメージして

問題を解くことが自然とできたので、算数・数学は本当に得意でした



今の子供に風呂を薪で焚くことはできませんが、幼児期から

いろんな工作をすることは「思考モデル」を作り上げる意味でとっても大切です。

ぜひ家族みんなで色んな物作りにチャレンジしてください!

あと家のお手伝いも、工夫しながら楽しんでやってください。



学校、子育て、教育

子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tbacademy.blog.fc2.com/tb.php/10-aa347d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)