FC2ブログ
プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
感じるということ
11月も中旬になると、

特に朝夕には冬の足音が聞こえてくるようになりました。

IMG_1658.jpg 

天気の良い日は自転車で通勤している私が、

千曲川の橋の上でゼェゼェ言いながらも

手袋をしてこなかったことを後悔していると

視界に入ってきた北アルプスの雪化粧に

思わず自転車を止めて写真を撮ったのがコレです。

普段あまり写真を撮らない私でも、感じたものには素直に反応します。

私はこういう瞬間に、「生きるとは感じること」という言葉を思い出します。

と同時に、同じ長野市の朝の風景を

同じ道を通勤で行きかうドライバーの人たちは同じように感じているのかな?

と思ったりもします。

朝の忙しい時間帯で目的地だけを目指してスピードを出したり

渋滞でイライラしていたら、

こういう景色は視界にすら入ってこないかも…昔の自分がそうだったように。


もっと昔の高校生だったころ

ある友人から「きれいな物や自然を感じられなくなったら、その人の心は死んだも同然だよ」

と言われたことがあります。

大人になってから、ことあるごとにこの言葉を思い出し、

ある種の原点回帰の、心の指針として

自分の位置修正をしてきました。

そして我が子を含めた子供たちを見ているときにも

私はいつもこの感じるというとを大切にしています。

だって、何かを感じた後に、それについて考えるでしょ?

何かを考えた後に、それに対してもリアクション(行動)をとるでしょ?

何かを行動したことで、自分の望む結果が得られるかもでしょ?

自分の望む結果が得られたら幸せでしょ?

そして何よりも、何かを感じられるから人生が楽しいんでしょ?


どんぐり理論を学んだ大人たちはみんな知っているはずです。

人生において「感じる」ことがまず何よりも尊く、大切であると。

だから子供たちの「心」を潰さないことに最新の注意が必要なんです。

その「感じる心」を潰すものが

たとえ勉強だとしても、それは排除するか

もしくは回避できる別の方法を取らなければいけないのです。

特に「心」を潰すものが善意でなされていたり

普通や常識として行われているものには注意が必要です。

子供がどんなに嫌がっていても、良かれと思って無理やりさせる大人が多いから。

例えば、知育教育

大量パターン学習

スピード学習

お粗末な宿題

主体的に楽しめない無駄な習い事

勝利至上主義で休みがほぼ練習や試合のスポ少など

これら「感じて味わう」余地のないことをやらせている家庭は、

お子さんの表情や言動に注意が必要ですよ。

気が付いたら何も感じられない

何も考えられない

何も自分から動こうとしない

子供が育ってしまうかもしれませんから。




スポンサーサイト