FC2ブログ
プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
結果良ければ全てよし?
先日教室を体験に来られた子のお母さんに

現在の小学校での文章問題の取り組み方を説明しました。

例のアレです。

文中の数字に○をして

四則演算を表す言葉に線を引いて

それらを組み合わせて立式して答えを出す

というお粗末なヤツです。

コレね
Microsoft Word - 保護者体験問題 (3) 

そしたらその小2の子のお母さんは

「あ、コレです!まさにコレうちの子が学校でやってます!!」

と叫びました(笑)

あら、やっぱり…(苦笑)


このやり方、一応答えは出ます。

文章の内容が分かっていようがいまいが、

答えも合っていようがいまいが、

表面上は答え出ます。

でもそれだけでなんで、全く意味のない学習になります。

ただ表面上の『できた』を演出しているにすぎません。

こういった学習の本質的な間違に気が付かない親は

子供がやっている宿題を、本気で代わりにやってみた方がいいと思います。

学校教育の危うさに少しは危機感が持てるかもしれませんから。

とは言え、こんな学習をひたすら6年間まじめにやり続けた結果

多くの子が義務教育の簡単な文章問題すら、

ちゃんと読み取れなくなっているわけです。

そして親はその実態など気が付かず、

目の前のテストの点や通知表の結果だけを見て

それを鵜呑みにした結果、

中学生になってからボロボロと転げ落ちていく我が子を見て

焦って無理やり塾に放り込むというお決まりのパターンに嵌められいくわけです。


そしてさらに中学生になっても

同じようなお粗末な学習を、学校では引き続き行われます。

例えば数学の宿題の取り組み方一つでも

学校の先生はワーク(問題集)に答えを直接書き込んで提出するように指導します。

「あれ?そんなことしたら間違えた問題に再チャレンジできないじゃん!

ちゃんとノートに書いて提出すればいいでしょ?」

って、普通は思いませんか?

でも子供たちも、その親たちも、

そこに突っ込む人は誰一人としていないようです。

だって言われた通りにやらないと内申点が…

とビクビクしているようです(実際に気づかない人が多いと思いますが)。

結局先生は「子供たちが宿題にどう取り組んだか」ではなく

「全員確実に提出した!」という事実だけが欲しいのだと思います。

だから子供たちが書き込みやすく(ただ解答を見て書き込んでいる子も多い)

かつ先生も確認しやすくするためにワークに直接書かせているのでしょう。

まあ今の小中学校の実態はこんな感じで

上記のようなことは氷山の一角にすぎません。

おかしなことが連日当たり前のように行われています。

大事なことは、子供の周りで起きていることを

親ができるだけ直接見て確認して

「これはおかしいぞ!?」と感じ取れるかどうかです。

そうしないと義務教育9年間の異常な環境で

子供たちは、修復困難なおかしな人間に育てられてしまいますよ。

大げさでも、脅しでも、狂言でもなく、本当に…

だから「できた」という結果だけを見てはいけないんです。

特に小学生の間は。



スポンサーサイト