FC2ブログ
プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
大人目線の危険性
7月に入ってから全国的に連日猛暑が続き

各地で熱中症による被害が相次いでいますが

特に小さい子やお年寄りが心配されます。

そんな中,先日愛知県で小学1年生が亡くなりました。

校外授業の後におこった、非常に残念な悲しい事件ですが、

もしこの学校にエアコンが設置されていたら…

と悔やまれます。

しかしなぜ学校にはエアコンがないのでしょうか?

おそらく自治体に問い合わせれば、

「予算の関係で…」という答えが返ってくるでしょう。

結局お金の都合なんでしょうが、

そんなもんは何かを削れば何とでもなるんじゃないですかね?

オスプレイ1機分のお金を各自治体にまわしてあげれば、

どれほどの子供たちが快適に授業を受けられることか…

とみんな思っていますよね?

命には代えられませんよね?


しかし中にはエアコン設置に反対の方もいるようです。

「ただでさえ子供の体力が落ちているのに、エアコンの環境では更に体が弱くなる」とか

「我々大人たちが子供ころはそんなもの必要なかった」とか

「外で遊ばなくなる」、「忍耐力がつかない」などなど…

でもこれって全て、エアコンが効いた所で毎日仕事している

大人目線の考えでしかないですよね。


まず子供の体力が昔に比べて弱くなっているのは事実かもしれませんが

そもそも子供たちの外で遊ぶ機会が減って、

体力が落ちるような環境を作ったのは大人たちでしょ?

放課後や休日まで習い事漬け

ゲーム機を買い与え、テレビやYouTubeを自由に見せて

危ないことはできるだけ排除して(公園ですら自由に遊べない)

家や学校の周りには、体を自由に動かして遊べるような原っぱや自然がほとんどない

こんな環境を子供たちに与えておいて体力がない?体が弱い?

我々大人が子供のころの30年以上前と現代とでは

子供を取り巻く環境は全く違うということに気づいてほしいのです。

それは地球温暖化による気温上昇だってあります。

今の日本の平均気温は、50年前と比べて平均3度上がっているという調査結果も出ています。

また子供は、ただでさえ大人と比べて筋肉量が少なく、体温調整機能が弱いのです。

さらに自分の体調管理を自分の判断で正しく行うことは、経験値として難しい。

そこまで考えた上でエアコンの設置は急務ではないでしょうか。

同時に上記のような子供たちを取り巻く環境の改善を

子供たちの目線で早急に取り組む必要があると思います。

子供たちは体力だけでなく、頭も、心も

信じられないくらい弱く未発達の子がどんどん増えていますから。

くれぐれも大人目線で子供を見ないように。

子供は小さい大人ではありませんから。








スポンサーサイト
子供の変化と進化
約1年前に教室に通い始めた、現在5年生の男の子。

初めて教室に来たときの第1印象は

「疲れ切って生気のない表情」でした。

それまでのお家での環境設定は

お世辞にも良いとは言えませんでしたが、

それ以上に気なったのは小学校の様子。

以前から怒鳴り声がしょっちゅう聞こえ

力で抑え込むことが当たり前になっているような雰囲気で

授業や宿題の質も含めて

私の中では悪名高い小学校なのですが、

この子もその学校の負の要素を全身にまとっていました。


で、その子がうちの教室に通い始めた当初に解いたのが

こちらの問題です。
IMG_1426.jpg 

そしてそこから様々な環境設定を見直した中で

1年後の現在の解いた問題がこちら。
IMG_1425.jpg 

ステキでしょ♪
この写真についての解説いりませんよね。

誰が見ても一目瞭然。

環境を整えて、正しい理論で丁寧に学習すると

子供はこんな感じに進化します。

人間が持っている本来の進化です。

そこを邪魔するものを親がちゃんと取り除けば

子供は普通にこうなるんです。


じつはこの結果以前に

この子の表情や言動に大きな変化が起きていることが

前提としてあります。

写真こそ載せられませんが、

穏やかで子供らしい笑顔がいつも見られるようになりました。

これが一番喜ばしいことです。

逆にいくらこういった問題が解けるようになったとしても

情緒が安定して、笑顔が見られなければ

本当の健全な成長ができているとは言い難いでしょう。

まずはそこです。

もし穏やかな笑顔が我が子に見られないときは

何よりもそこを改善するための環境を整えることに

親として全力を傾けてください。

場合によっては子供の学校を変えたり

親の仕事を変える必要があるかもしれません。

でも家族全員の豊かで幸せな人生を願うのであれば

そこまでの覚悟は必要だと思います。

大げさではなく

私たちは今そういう時代に子育てをしているんです。