FC2ブログ
プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
基本は家庭
以前、市内の付属小学校が

本年度から宿題を減らした、もしくは出さないようになった

ということをチラッと書きましたが

それからわずか2ヶ月ほどでその方針は変わり

普通に宿題が出されるようになったそうです。

その小中学校に通わせる親の話によると

保護者側から「ちゃんと宿題を出してほしい!」という要求が出たため

そいういう結果になってしまたとか…

本当に、本当に、本当に残念です。


でもこれで確信しました。

結局全ての根幹は家庭なのだと。

学校の先生でも、全員ではないかもしれないけど、

子供たちのことをちゃんと考えている先生はいるわけで

そういった先生が宿題の有害性に気づき

せっかく実行に移せたのに

子育て・教育を他人任せにすることが習慣化された

無知で無責任な親の言動で

全て台無しにされてしまうという結果に

憤りさえ感じます。


はっきり申し上げます。

子供は学校で賢くなるのではありません。

家庭で賢くなるのです。

子供が家庭をベースとした日常生活の中で

実体験をともなった様々な経験をすることによって

初めて学校での授業が生きてきます。

先生の話が理解できます。

黒板に書かれたことが理解できます。

授業が理解できれば、勉強が楽しくなってきます。

つまり学校は日常体験の整理学習をする場なのです。

それなのに今の子供たちは

放課後の大切な時間を

テレビやゲームや無駄な習い事で浪費してしまい

賢さのベースとなる実体験をするための

外遊びやお手伝いの機会を奪われてしまっています。

親の仕事が忙しいからで許される問題ではありません。

子供にとって、その大切な時間は二度と戻ってはこないのですから。







スポンサーサイト