FC2ブログ
プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
塾を探しているお母さんたちへ
最近体験をした小3の男の子のお母さんのお話し。

我が子が文章問題を全く読み取れていないことに気づき、

これはマズイと思って、近隣の塾の体験授業を端からこなしている中で、

私の教室にも来られた親子。

小3でゲームを1日5時間やり、

学校の簡単な文章問題以外も「わからない」を連呼し、

特に近頃はキレやすく、親兄弟とのバトルが絶えないという

典型的な悪環境の子。

その情緒が不安定なことはさほど言及せずに、

とにかく人並みの学力にしてほしいと…

人並みの学力?

それは何でしょう?

授業や宿題をそつなくこなしてほしいのか?

テストで平均点以上を取れるようにしてほしいのか?

偏差値が中レベル以上の高校に入れるようになってほしいのか?

わたしにはあまり興味のない言葉ですが…


まあそこは人それぞれ考え方・価値観は違うので、否定はしませんし

どうしても目先の点数や進学の事が気になるのは

どの親も大なり小なりあると思うので、わからなくはありません。

でもこの子の現状と環境を見つめ直し

もっと先の大人になってからをイメージして

本質的な原因と対策を考えあげたらいいのにな…と思います。


もちろんこのお母さんには

この子がこうなってしまった原因と対策を

どんぐり理論に沿って環境設定の重要性を基本に話したので

スッキリした様子で「先生にお話しできて良かったです~」

とおっしゃっていただきました(笑)

というのも、うちの教室での話が他の塾でのものとかなり違うらしく、

他では当たり障りない話でしたが、あまり納得・理解できなかったと言います。

例えば「どうしてうちの子は文章問題ができないのか?」

という質問に対しても

ある塾では「とにかく本を読んでください!できるだけたくさん読んでください!!」

と強く言われたそうです。

まあよくある受け答えですし、どんぐりを知らなかった頃の私ならそう言っていたかもしれません(笑)

信濃毎日新聞社のCMでも、

「全国学力調査で点数の高い子は、新聞を読んでいる割合が高いというアンケート結果が出ています!」

と言って、自社の新聞を売り込む宣伝文句にしていますが、

たくさん新聞を読んだり読書をすると、

読解力がついて文章問題に強くなるという勘違いを刷り込まれてますね。

私はこれまで読書好きな小学生は何人も出会いましたが、

その中で、国語や算数の文章問題が得意な子は一人もいませんでした。

たまたまかもしれませんが、事実です。

同じように公文・算盤を長年やっていた子で

うちの文章問題を3割以上できた子は一人もいませんでした。

たまたまかもしれませんが…


最後にこのお母さんは私の話に納得できた理由として

「先生、主人と全く同じこと言っているんですもん!」

だそうです(笑)

やっぱり、男の子のお父さんは大事なポイントはわかっていますね!

ただ一般的には子育て・教育はどうしてもお母さんが大部分を任されてしまいます。

ぜひ本筋の部分だけでも、お父さんの意見をお母さんにしっかり伝えて

夫婦で協力のもと、納得できない周りの意見にあまり振り回されないようご注意ください。












スポンサーサイト