FC2ブログ
プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
ホントの賢い子を育てたいなら
私は自分の子供に「賢く」なってほしいと思っています。

でも学校の勉強ができて、

テストで満点取って

いい高校に入って

いい大学に入って

立派な学歴を付けてほしいなど

微塵にも思ったことはありません。

なので、いきなり「どちらの大学を出てらっしゃるの~?」

と聞いてきたり

我が子を高学歴にしようと必死になっている親を見ると、

できれば関わりたくないな~と思います。

たぶんそういう方とは「幸せ」の価値観が全く違うので、

話がたぶん通じないだろうな~と考えてしまうのですが、

先日久しぶりに、そういう親子に会いました。

親だけだったら何てことなかったのでしょうけど、

子どもの状態を見た時に

「あぁ…この子大変なことになってる…助けてあげたいけど…」

と、何とも悲しい気持ちになりました。


まだ7歳のその男の子は

すでに多くの習い事や先取り学習をしているらしいのですが、

とても外で遊んでるとは思えないほど、色白で体は細く、

分厚い眼鏡をかけたその目は、

話をする私の目と一切合わずに、ずっと遠くの1点を見ています。

私から話しかけても、反応して返答してくるのは5回に1回ほど。

そしてその声は何を言っているのかわからないほどか細く小さい。


あまりじっくり話す時間もなかったので、

さらっと、こういう学習もありますよ~

ということでどんぐり式を紹介しましたが、

あまり関心がない様子で、

きっと学校の勉強がよくできる子を育てようと必死なのだな…

というのが感じ取れました。

我が子が健全に成長するという事は二の次なのでしょうか。


この親子の件は極例に感じるかもしれませんが

大なり小なり同じ様な状態の子は時々見ます。

そしてそういった子の親と話すと、

学歴や学校教育の魔力に取りつかれ、

目先の点数を欲しがるので

どうしても成長段階の子供に与えてはいけない刺激を

沢山与えてしまっています。

知育教育

フラッシュカード

パターン・スピード学習

実態を伴わない知識偏重型の学習

これらは子どもの健全な頭の成長を考えたとき

ほとんどが害になるものばかりです。

本当の「賢さ」を求めた時に

小学生までの学習で重要なことは

「できること」でもなければ「量やスピード」でもありません。

「深くわかる(理解する)こと」が最重要であり

取り組むものは「量より質」が大切です。


そしてなにより日々の子供の表情を観察して

笑顔がなければ、何か「大きな問題」があることに気づいてほしいのです。

心の成長と頭の成長

どちらも同じくらい大切ですから。









スポンサーサイト