プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
9歳までの学習で注意すべきこと
小1の次女は学校で算数の1桁の引き算の勉強をしています。

最初は描かれたイラストを見ながら「のこりは~」を学習して

その後で計算問題をやらされてます。

具体的にはこんな感じ。

キャプチャ 
1. こびとが (     ) にん います。(     ) にん かえりました。 のこりは なんにんに なりましたか。


描いてあるイラストをながめて、( )内に数字を入れて

引き算の「のこりは」とは何かを理解します。

この様な問題を様々なイラストを見ながら2~3個やったら、

今度は別のイラストを見て、( )内の数字だけではなく

文章問題そのものを最初から最後まで作ります。

といってもほとんどの文章が、1.の文の主語と単位を変えて書くだけの

パターン学習です。


そしてその後はお決まりの数式だけの計算問題です。
キャプチャ2 

まあ、絵図を利用した文章問題を先にやってから

計算問題をやるあたりは、「引き算の本質を理解してから…」

という先生の意図が見えて、多少親切かなと思います。

が、残念ながら引き算の原理は理解できますが、自分のものにはなりません。

しばらくすると忘れてしまいます。

決定的なものが足りないのです。

それはオリジナルの絵図を使ったイメージ化です。

この先、問題文(文章問題)を読み解いていくにあたって最も大切なのは

その言葉や文字からイメージ化をする(深い理解をする)ということ。

そのためには、

すでに書かれた絵図から問題文を書き起こしたり立式することではなくて、

『文章(問題)から自分の頭で内容をイメージ化し、それをイラストとして描きだすこと』

という練習が最優先であり最重要項目なのです。

そして答えを探すときは、自分で描いた絵図を使って答えを出す。

それが楽しく正確丁寧にできない限り、

どんなにイラストから文章が書けても

どんなに計算問題がたくさん速くできても

最終的な思考力育成にはつながらないのです。

なぜなら思考力育成とは

オリジナルの思考回路作成に他ならないからです。

他人が描いたイラストでは無意味なのです。

仮に同じような絵でも、他人が描いたものと自分で書いたものでは

全く似て非なるものなのです。

そしてこの文章からのオリジナルの絵図化が丁寧にできていれば、

計算問題などは確認の意味で

ゆっくり丁寧に1~2問やれば十分です。

たぶんほとんどの子が学校の授業でたくさんの計算問題をやってくるので

さらに家や塾で同じような計算問題をすることなど「百害あって一利なし」です。

だから〇文式などのプリント学習の教室はキケンなのです。

深いところでの理解と、オリジナルの思考回路作成を全くしないので。

そこで行われているのはただの「反復パターン学習」です。

つまり脳内で行われているのは「反射」です。

なぜそういったものが「百害あって一利なし」なのかは、またいずれ書きます。

もう書いたかな?


いずれにしても9歳までの学習で最も注意すべきことは

「深い理解をともなった、文字や言葉からのイメージ化」です。

ココをおざなりにして、本当の賢さは得られませんし、

勉強嫌いになる子もいれば、感情(心)を潰されてしまう子もいます。

だから私は自分の子供に「反復パターン系」の宿題はほとんどやらせていません。

これから出る、夏休みの宿題も同様です。

もちろん学校の先生の了承は得ているので安心です♪






スポンサーサイト