プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗はお宝
先日私の教室が始まる5分前に、いつも元気に登場する小4の男の子が

この時はいつにも増して興奮気味に入ってきました。

どうやら前日に見たテレビ番組で

”ホワイトボードにマジックで描いた絵に水をかけると浮かび上がってくる”

という実験を見たらしく、

この教室にホワイトボードがあることを思い出したようで

教室に入って来るや否や「ホワイトボードとマジックと水貸して!」

と言って、さっそく実験開始!(笑)

しかしいくらやっても字がはがれて浮かび上がってきませんでした。

他の子も興味深く見守っていましたが、そのうちの1人は同じテレビ番組を見たらしく

家ですぐに同じ実験をやってみたものの、やっぱり上手くいかず

そのうえ家の机周りを水びだしにして、お母さんにめちゃめちゃ怒られたそうです。

いや~お母さん、そこは怒らずに見守ってほしいところですよ。

間違ったり失敗してすぐに怒ってたりダメ出しし続けてしまったら、

「失敗はお宝」って子供が思わなくなってしまいますから。

失敗を恐れるあまり、完ぺき主義のまずい精神状態になってしまいますから。

もう新しいことにチャレンジしなくなってしまいますから。

子どもが好奇心から興味を持ったことにチャレンジするときは

失敗や怪我はセットだと思って、多少のことは目をつむってください。


この後教室でお絵かき問題を解いた前述の子は

どうしても実験が上手くいかなかったことが納得いかないらしく

今度は少しざらざらした机の上にマジックで印を描いて

IMG_0548.jpg 

水を垂らしてしばらく待つと

おおおーー字が剥がれて浮かび上がってきたーーー!やったね!

IMG_0549.jpg 

満足、納得、この笑顔(笑)

でもどうしてホワイトボードで出来なくて、机では上手くいったのかな…?

大事なポイントはココです。

「なんで?どうして?」と考えることが、さらに複雑な思考回路を作り出すわけですから。

お絵かき問題でも同じですが、

最初から上手く解けたりする必要はありません。

失敗(間違い)→考える(創意工夫・試行錯誤)→上手くいく(成功・正解)

この流れの体験をたくさんした子が、本物の力をつけていくのではないでしょうか。

くれぐれも、子供が自ら何かをしようとする時に

好奇心を潰すような余計な言動を大人がしないように願うばかりです。






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。