プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
センス・オブ・ワンダー
少し遅くなりましたが、

新年あけましておめでとうございます。

本年も子供たちが健全に成長できるお手伝いができるよう頑張りたいと思いますので

よろしくお願いいたします。


さて、正月明けのいきなりの連休。

娘を連れてスキー場に行ってきました。

今年も暖冬の長野県は、どのスキー場も雪不足が深刻で

一番近場のスキー場は、未だにオープンの目処が立っていません。

お願いします雪の神様、スキー場だけでも雪を降らせてあげてください!

と願いつつも、1時間ほど車を走らせれば何とか雪のあるスキー場に到着します。

善光寺の裏からうねうね道をグングンのぼると、途中ガスが濃くなり

今日の天気は良くないかな~と心配していると、突然ガスが開け

真っ青な空と元気な太陽が顔を出しました。

そして車窓から山の下方を見ると、見事な雲海!

助手席の娘からは「うわ~すご~い!雲の上だぁ!!」という感嘆の声。

たぶん娘は初めて見る雲海なのでしょう。

本当は車から降りてゆっくり見ればよかったのですが、

遅く出てきて時間があまりなかったので、先を急ぎました。

image1.jpg 

スキー場に着くと、さっそく着替えて嫁さんと娘はソリを持って雪遊びです。

私はもっぱらスノーボード。20年以上続けていても全く飽きません。

8回骨折してもやめられない遊びです。

自然の山の中に入ることもありましたが、

普通のスキー場でも、毎回自然は違う環境を与えてくれるので

その都度、その中で楽しめるやり方を自分で考えるから飽きないのかもしれません。

ちなみに昨日の長野市は雨でしたが、この山の標高まで来ると

サラサラのパウダースノーです。

年末から暖冬で、どのスキー場も降っても重めの湿った雪だったので

今回の雪は無心で滑る事だけを楽しめる日になりました。

5本くらい滑ったら娘たちと合流して、

ソリをしたり、雪でいろんなものを作ったりして、

3時間ほど飽きるまで楽しみました。


お昼を過ぎてだいぶ気温が上がり、

駐車場の雪も解け始め、春スキーのような陽気のなか

さあ帰ろうと車に乗り込むと、突然娘が

「わ~~~きれい~~~!!!」を叫んだのです。

何事かと夫婦でキョロキョロしながら娘の見つめる先を目で追うと、

そこには目の前のロッジの屋根から、ポタポタと流れ落ちる

雪解けのしずくがありました。

そのしずくは太陽の光が反射して、

まるで屋根の雪からダイヤがぽろぽろと生まれ落ちていくようでした。

そんな単なる冬の日常の風景かもしれないものを

子供は本来、自ら発見し、感じて、味わう能力を持っているのだと

改めて痛感させられました。

思わず見入っていた我々夫婦でさえも、昔はこの

「センス・オブ・ワンダー」を持っていたと思うのですが、

多くの大人たちがそうであるように

時間とともにどんどん失われてしまうものなんですね。

でもこんな大切なものだからこそ

我々大人は子供たちから、この「センス・オブ・ワンダー」を失わないように

守り育てていかなければいけないのだと

子供を自然の中に連れ出すたびに強く感じます。

そのためにも、日常の中での刺激の強いものを子供に与えないように

気を付けなければいけないのです。

このすばらしい繊細な能力を失わないために。






スポンサーサイト