プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の足で歩く生活を
現代の小学校で出される宿題は簡単です。

何も考えずに反射的に行う作業が大半だから。

『計算ドリル、漢字の書き取り、音読』

感情を殺して、ストップウォッチでタイムを計りながら

時間内でただこなすことを考えてやれば、何てことないでしょう。

そのやり方・習慣に慣れてしまった子にとっては。

でもその宿題が自分の頭を良くするどころか

どんどん考えられない頭を育てていることに気づいている人はほとんどいません。

簡単な作業だけに、それにどっぷり染まった子は

複雑でじっくり取り組まなければ解けないような文章問題を

身体全体で拒否します。

当然です。ずっと車いすに乗って移動していた生活だったのに

自分の足で歩いてごらんと言われても、辛くて辛くて仕方ないはずです。

つまらなくても、楽な車いすの生活だけでこれまでの自分を作り上げてきたのだから。


怪我をしているわけでも障害があるわけでもないのに

無理やり車椅子に座らされ、

あるときが来れば自分の足で歩かないと到達できない課題を与える。

そんなの無茶苦茶じゃないですか?

なぜ最初から自分の足で歩く生活をさせないのでしょう?

大人の都合で楽をさせて、ある日突然「うちの子は歩けない!」と騒ぎ立て

しまいには「なんで歩けないんだ!?」とわが子を攻め立てる。


小学校に上がるまで、笑顔いっぱいに外を飛び回っていた子が

小学校に上がって間もなく、宿題を前にすると表情が曇り

やがて体全体で嫌がるようになる。

当然です。子供は自分の足で歩いて

その子のペースでゆっくりと学んでいきたいんです。

それなのに、この車いすに乗らなければ学校の勉強についていけなくなる

などという勘違い教育を何の疑いもなく押し付け

子供の自然な反応を無視し、大切なものを押し潰して

気が付いた時にはもう正常な状態に戻れなくなっている。

せっかく私の教室に来て、どんぐり理論を知り

せっかくひとりで歩くきっかけが目の前にあるのに、

どうしても親が車いすの生活を推奨することから逃れられない。

「子供の将来よりも、小学校の宿題なんかめんどくさくてやりたくない!」

ってハッキリ言ってもらった方が、よっぽど私もあきらめがつきます。

ところが、他人に丸投げしておいしい所だけいただきますっていう親御さん。

もうこれ以上子供を苦しめるのは勘弁してください。

本当にかわいそうすぎます。


スポンサーサイト
テレビの恐怖
このところ体験に来た子や既存の生徒で、

ゲームはやっていないがテレビばかりずっと見ている

という子が特に気になりました。

おそらく親御さんの中でもゲームは何となく悪影響感が強いと

思っているらしいのですが、テレビに関しては

どぎつい内容のものでなければ

一般的に誰でも見るNHKEテレの番組や

子供向けのアニメなどであれば問題ないと勘違いしている人が多いのではないでしょうか。

3歳以下の子は別として、

絶対にテレビを見てはいけないというワケではないし

もちろん見る内容も大切なのですが

テレビの特性そのものにちゃんと目を向けたほうがいいでしょう。


あの画面からの情報は、目と耳だけに送られる一方通行のものです。

見ている側からテレビに能動的に話しかけたり意見を述べることはありません。

近年若い人のコミュニケーション力の低下が問題視されていますが、

幼少から常にテレビが付いている環境で育った人間が

他人と会話するのが苦手になるのは致し方ないことでしょう。


また画面に映る文字や音声(言葉)と同意義、あるいは補助的な内容の映像が流れるので、

容易に内容をイメージできてしまうのも、テレビの特徴の一つです。

つまり言葉や文字だけから頭の中でイメージする手間がないので、

読解力や想像力の成長を妨げてしまうのです。

そういう意味では、まだラジオの方がましです。


さらに最近のテレビは激しい光と音の効果が強く、

脳内神経回路の発達中の子供には、大人が感じる何倍もの強い刺激を与えてしまうのです。

それにより、さらに強い刺激のものでないと反応しない神経回路が出来上がってしまいます。

そうなれば、わずかな変化や些細なことなど気付かなかったり、

じっくり味わったり感じとったりする繊細なこともできなくなってきます。


これらの弊害は年齢が低ければ低いほど悪影響が強く、

「特に3歳以下はテレビを見せてはいけません!」

と小児科医がよく言うのは、こういう理由からなのです。

テレビ以外にゲームなどもそうなのですが、

特に親御さんがテレビやゲームが好きなお家は

本当に注意が必要です。

小さい子供のいるお家では、

テレビのリモコンを親が管理する必要は十分にあります。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。