プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり12歳までなんだよな・・・
私の教室では数名の中学生の勉強も見ています。

生徒が学校から配られた問題集をやるのですが

そこに出てくる文章問題を見るたびに思ってしまう。

「あ、これしょうざん(私のところのどんぐり教室です)のあの問題と同じだ・・・

それにしてもつまらない問題と解法だな・・・」 

と、つい心の中でぼやいてます。

中学生なので、当然連立方程式などを立てて解くのですが

XとYを使ってどうやって立式していくのか・・・と

七転八倒している生徒(どんぐり未経験)を見ていると

同じような問題を解いているのに

しょうざんで学習している小学生とは

全く違うものを感じます。

やっていることの次元が違いすぎるのです。


中学生でも当然絵図を使って解くのですが

思考力が育っていなければ立式はおろか

絵図化もできなければ、何を問われてるかさえも分からない。

幼少のころから意味が解らずとも

「これを使ってこうすればこうなるでしょ?」

という学習スタイルでパターン暗記を繰り返して

今に至った中学生。

残念だけど、テストの点を取ることだけが目的なら

この先もずっと同じパターン暗記でいくしかないんでしょうね。

お金と時間と労力を使いまくって、非常に効率が悪いですけど・・・

ただ私の教室の中学生はテストの点を取ることを第一優先にしない

という条件のもとでお預かりしてますので、

中学生であっても、できるだけ深い所で理解しながら学習してもらいます。

その上で各自の目標に向かって進んでいけばいいでしょ?

という感じですが、それは本意ではありません。

やはり12歳まではスピード・パターン学習というドーピングには頼らず、

じっくり・ゆっくり・ていねいな学習を6年間やってから中学生になってほしいです。

そのほうが中学以降の伸び方が違います。

無駄な時間とお金と労力を使わずに効率よく学習できます。

この先何年も続く勉強が嫌いにならずに済みます。

つねに自分で考え計画を立てて、主体的に行動できます。

そして社会に出たときに、自分の得意な分野で活躍し

自分自身の人生を楽しめる大人になれます。

だからこのような可能性を潰す前に親たちは気付いてほしい。

今小学校でわが子がやっていることが本当に正しいのか?

家庭生活の中でわが子に与えているのもは本当に正しいのか?

全ては親の気づきと心構えと言動にかかっています。

12歳までは余計なことはしないで

大事な所だけしっかり育てましょうよ。

中学生以降は親が楽できちゃいますから。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。