プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境で成長する
中学生の数学を見ていた頃

図形問題を苦手とする子をたくさん見てきました。

高校入試の数学においては図形に絡む問題が全体の5割以上あるので

図形を立体的にイメージしたり描いたりする能力がないと

目標に近づくのは相当厳しいです。


中学の頃の私は図形問題が得意だったので

どうして周りの友達が、図形問題ができないのかはわかりませんでした。

しかし今では、自分の体験や今の子供たちの状況を見て

図形問題が得意・不得意になる理由がわかります。

それは当然と言えばそうなのですが、

具体的な体験が得られる環境にあるかどうか

ではないかと思うのです。


私が子供の頃は、家の裏口の傍に日曜大工の道具が入った物置がありました。

また、決して裕福ではなかった家には「もったいない精神」が強く存在し、

「これいつ何に使うの?」というような物や廃材が

物置の中や周囲にたくさんありました(実際あまり使われませんでしたが・・・)。

そしてそれは私の恰好の遊び場であり、遊び道具でした。

普段は近くの山や川や原っぱで友達や兄弟と遊んでいましたが

天気の悪い日や、友達と会わなかったときは

決まって大工道具と廃材を使って

時間を忘れて自由気ままに

イメージしたものをいろいろ作りました。

それは遊び道具だったり、不格好なテーブルやイスだったりするのですが

何を作るにも真剣に楽しんで、

時には設計図を書いてから作ることもありました。


自営業でだいたい家にいた親は、黙々と工作をする私を見て

「またあいつ何か作ってるぞ」と眺めていたと思います。

でも私がたまに失敗して

ノコギリで手を切ったり、金づちで指をたたいても

怒られたり、道具を取り上げられたりはせず

せいぜい、最後に道具を片づけ忘れて何度か注意されたくらいでした。

こういった環境のおかげで

私は自然と「空間認識力」が育ち、中学までの数学や理科での

図形や物理的な問題で、ほとんど苦労することはありませんでした。


自分の親がそこまで考えて、そういった環境を与えてくれたかどうかわかりませんが

今の子供たちと比べると、

当時の私の環境は本当に恵まれたものだったと思います。


ゲームなんてなかった30年以上前は

そんなこと普通だったかもしれませんが

現代の子供たちにとって、

私が経験してきたような環境を持っている家庭は、けっして多くはないでしょう。

そういった環境が与えられなかった結果、

現代の子供たちは、学校で教わる勉強だけでは

それを理解・吸収するためのベースになる部分が育たないまま

ことの重大性に気付かずに時間だけが過ぎて、

小学校の高学年、あるいは中学2年生ころに

これまで学校で教わったことを、

深い所では全く理解できていないことに気付くのです。


残念ながらそこでどうあがいても、失った時間と得られなかった経験は取り戻せません。

教育においては、本質的な部分でのやり直しができないのです

あとはテストでも入試でも、上辺だけの解き方と知識やテクニックだけで

何とか乗り越えていくしかなのです。

それは非常に効率が悪く、ストレスの溜まる作業であるうえに

時間が経てばどんどん忘れていきます。

現代の子供たちの低学力化の原因は、ここにあるのではないでしょうか。


12歳までは、環境如何で子供の成長する度合いが全く変わってしまいます。

便利になりすぎてしまったのであれば

身近に自然が少なくなってきてしまったのであれば

生活のスピードがどんどん速くなってしまったのであれば

自由で楽しくじっくり考えられる環境を、意図的に整える必要があると思います。

ただその環境を整えておくだけで、

無理やり引っ張りこまなくても、子供たちは勝手にそこで遊び、学びだすはずです。

ただし、せっかく環境を整えたとしても

それを邪魔するようなテレビ、ゲーム、意味のない宿題、

自由さやじっくり考える余地のない習い事などをしていては

大切なものを素通りしてしまいかねません。












スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。