プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
学校は何の為に行く?
新学期が始まって2週目に入りましたが

先週はホントにひどかった。

学校が始まる前の子供たちは

春休みでのんびりモード。

うちの教室でもやっぱりのんびり。

だけど、学校がある日よりもずっとイキイキしている!

目の輝きが違えば、問題に取り組む集中力も違うし

描いている絵の内容も違えば、解き方そのものも

オリジナリィティ溢れる面白いものばかり。


そ・れ・が、学校が始まった途端

教室に入ってくると、すでに疲れた顔・・・

そんな子供たちの顔を見てしまうと、

「ねぇ、そんな顔になるまで学校で一体何をしてきたんだい?」

「きみはブラック企業で働くゆとり世代かい?」

と、心でつぶやいてしまう。

案の定、なかなか集中できないし

絵が雑になれば、解き方も雑。

当然答えも見当違い。

はぁ~

一体学校というところは、子供たちをどうしたいの?

小6になったある子は、

全国学力調査の為に、毎日スゴイ量のプリント問題をさせられているとか・・・

うわ~、勘弁してくださいよ。

学力調査の予行演習して何の意味があるの?

少なくとも小学校はテストの点を上げたり

たくさんの知識を詰め込んだり、速く問題を解いたり

入試対策の学力をつけるための場所じゃないでしょ?


そもそも学校が何の為にあるのか?何の為に子供たちはそこに行くのか?

なんて、私自身数年前までは深く考えたこともありませんでした。

でもどんぐりを知ってしまった今では、

少なくとも親だけでも

そこはちゃんと考えなきゃいけないことだと思います。


ある方のブログからこんな言葉を見つけました。


何の為に、学ぶのか?

学校は、何の為に行くのか?

誰の為に学校へ行くのか?

将来、どんな方向に進みたいのか?

どう生きたいのか?


そんな事を語り合う日もあった。




義務教育を受けるなんて

ご飯食べるくらい当たり前で普通で常識的なことみたいだから

誰もちゃんと立ち止まって、その本質や目的を考えたりしないけど

まず親がじっくり考えて、

自分の子供をじっくり見て

親子でじっくり話し合うって

やっぱりすごく大事だし、

こういうことこそ、こういう時代だからこそ

もっと意識していかなきゃいけないんですよね。


親が変わらなきゃ学校も変わらないし

子供たちが行きつく先の社会も変わらない。

どんどん、どんどんおかしな方へ進んで行ってしまいますよ。


スポンサーサイト