プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックサンタがやってきた
クリスマスも終わり、いよいよ今年もあとわずかとなってまいりました。

子供たちに「サンタさんから何をもらったの?」

と尋ねてみると、いろいろな答えが返ってきました。

工作キットみたいなの

プラモデル

ラジコン

輪ゴムで作るアクセサリー(女の子に流行っているらしい)

望遠鏡


などなど、ここら辺までは「面白そうだね~」と

笑って聞いていましたが、

3割くらいの子供は

タブレット、携帯ゲーム、ゲームソフト

などの、おきまり危険物をプレゼントされたそうで、

「ブラックサンタがやってきたか・・・」

と額がヒクヒクとなり始めました。


入会前にあれほど

「こういったものを子供に持たせるときは覚悟をしてください」

というお話をしたにもかかわらず、買い与えてしまう。

ちゃんと制限ができて、ここでの学習が無駄にならなければいいけど・・・

と、正直ため息が出てしまいます。

やっぱりどんなに世界中の小児科医がその危険性を訴えても

こういう価値観を持った人でないと本質を理解してもらえないのかな・・・

と、少し悲しくなってきます。


この際、ウソ偽りなく正直に私の目の前で起こっている現実を言います。

私の教室では「ゲーム・テレビ・タブレット等の子供への制限」を

強くお願いしています。

しかしながら、子ど共たちの話を聞く限りは

制限できていない子が2割ほどいます。

それらの子は決まって共通点が見られます。

落ち着いて座っていられない

遠くを見つめてボーっとしている

乱暴な言動がしばしばみられる

比較的簡単な文章問題でも読み解けず、
思考力の成長がほとんど見受けられない


まあ、全ての人がこれらの悪影響を受けるとは言えませんが

実際に目の前で見られる現実です。

買い与えてしまった方は、よーくお子さんを観察してみてください。

たぶんイライラしてくるでしょうけど・・・


これまで解けていた文章問題が

お正月明けに、急に解けなくなってしまうようなことがないよう

私はただ祈るばかりです。










スポンサーサイト
強者に挑む
今、日本柔道界が一人の「新星」の登場に沸き立っています。

11月の講道館杯全日本体重別選手権の男子66キロ級で、

兵庫・神港学園高2年の阿部一二三(17)が、

男子の史上最年少となる17歳2カ月で初優勝しました。

そして先日の国際大会、グランドスラム東京でも

並み居る強豪を破り、シニアの国際大会初出場で初優勝。


強い。強すぎる・・・

17歳がこんなに強くていいのか?と思いますが、

小学生から柔道を始めたという阿部選手

その時はいつも女の子に負けて、わんわん泣いていたというから信じられません。

では、そんな彼がどうしてここまで強くなれたか。

その理由をテレビのインタビューでこんな風に語っていました。

「小学生とはいえ、女の子にいつも負けて泣かされて本当に悔しかった。

それで小学校の高学年になってからは、近くの高校の柔道部に毎日出稽古に通っていました。

その時は勝てるわけもなく、投げられ、負け続けたけど、その経験を大切にし

常に強いものに挑戦し続けたことが、今の自分を作ってくれました。」


うーーーーん・・・・凄すぎる。

父親と一緒に高校の柔道部に通ったと言っていますが、

普通小学生が、高校に殴り込みをかけますか?

でも「普通」じゃなかったから、こんなに強くなれたのかもしれません。

もっと言えば、「強いものに挑戦し続けたこと」で彼は本物の強さを手に入れたのでしょう。


これは同じ小学生の学力についても、全く同じことが言えます。

普通に、学校で先生に言われたことだけをやり

普通に、簡単にできるレベルの計算ドリルばかり宿題でやり

普通に、同じ字を何回も漢字練習をやり

普通に、間違い・失敗を消しゴムで消してなかったことにし

普通に、たくさんの習い事をやり

普通に、テレビとゲームとインターネットの世界にどっぷりつかり

普通に、自然の中で遊ばなくなった子供たちが

幼く・賢く・逞しくなれるはずがありません。

繰り返し反復・パターン学習のような

自分のレベルに関係なく、ある意味誰でもこなせるような

学習ばかりやって、本物の学力が身につくわけがないのです。


結局、見たこともやったこともないような問題、

じっくり考えなければ解けないような強者に挑戦し続けないと

本当の賢さなんて育ちません。

だからどんぐり式の問題ってすごいなって思います。

普通じゃない挑戦が、楽しみながらできるから♪


みんなが世界選手権で優勝する必要なんかないけど、

せめて自分の人生においては「一本勝ち」してみたいじゃないですか。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。