プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「できる」と「わかる」の違い
思考力を育てる教室「しょうざん」では

どんぐり理論に基づき、

学習面においても、人生を楽しむためにも

絶対に必要な「考える力」を育てています。

そこでこの思考力を育てるときに

まず認識しておかなければならないのが

「できる」と「わかる」の違い。です。

結論から言ってしまうと、12才までは「できる」よりも

「わかる」に重きを置いて取り組むべきなのです。

もっと具体的に言うと、

「わかる」までの過程がまず重要であり、

さらに、答えに至るまでの「考える」過程が重要なのです。

だから「できる」あるいは「答えそのもの」は

重要ではありません。12才までは。

しかし残念ながら学校での勉強・家庭学習・塾などでの学習では

「できる」に重きを置いて学習されている場合がほとんどです。

もちろん学校の先生も「わかる」ことがまず大事なのはわかってます。

でも決められたカリキュラムの中で30人からの集団授業では

じっくり・ゆっくり・丁寧に一人一人が「わかる」授業は

ほぼ不可能です。

結果、ひとつひとつの問題をじっくり深いところまで考えずに

うわべだけの解き方を教わって「できる」と勘違いしてしまいます。

これだと応用もきかなければ、すぐに忘れてしまいますし

次の単元、あるいは中学での学習にも繋がりません。

しかし子供たちにとっては、小学校で教わることは【絶対】です。

下手すると親までもが学校を絶対的なものと捉えてしまってます。

そうすると子供たちは短絡的になり、考えなくて済むもの、

簡潔で反射的にできてしまうものを好んで選び、

そういう体質に強化されて、考えることを拒絶します。

これが「できる」だけを追い求めた結果です。

これはカッコいいことを言っているわけでも

道徳的なことを言っているのではなく

思考力育成には学習の過程で修得される、

様々な思考モデルが必要不可欠である

という超リアルなことを言っているのです。

そしてその思考モデルは

「具体的に悩み・工夫し・考え抜くこと」

によってのみ修得できます。

一見これはめんどくさくて遠回りに見えますが、

実は一番無理なく無駄なく効果的な教育方法なのです。

とにかく12才までの教育は、

「じっくり・ゆっくり・丁寧に」お願いします。

学校、子育て、教育、長野市の塾
子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
これはなかなか!
先日、「頭の健康診断」で1問も解けなかった小3ボーイが

お試しで、ちゃんと取り組み方を説明してから

文章問題にチャレンジしました

IMG_0458.jpg

おみごと!というか、かなりビックリです。

「頭の健康診断」の時は手も足も出なかったのに、

ちゃんと絵図を使って解くやり方を説明しただけなのに

何と絵図だけでアッサリと答えまで導けました。

その子自身、前回苦しんだだけに自分でもビックリし、

でも楽しく解けたからニッコニコ♪

もともとこの子はゲームをしていなかったのが

今回の「考え方を教わっただけ」で出来てしまった

理由かもしれません。

ただ私が一番心配しているのは「習い事漬け」の生活。

全く何もしない自由な時間がほとんどないみたい。

ほとんど体を動かす習い事なので直に悪影響とは

言い切れませんが、

やはり週に3日は何もしない日が望ましいです。

でないと、主体的に考えて行動できなくなってしまいますから(^_^;)



学校、子育て、教育、長野市の塾

子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

自然がいいな
先日善光寺の裏にある地附山公園に行きました。

IMG_0439.jpg


天気も良く、山の中腹にある公園には

たくさんの親子連れで結構にぎやか。

中にはお弁当を持って、1日のんびりしている人も。

特に何かがある公園というわけではありませんが、

長野市を一望できる景色がいいのと、

アスレチックみたいな木の遊具があり、

子供たちは夢中で遊んでいました。

ここで安心したというか、ホッとしたのは

どの子もゲームなんか持ってこないで

外遊びに夢中だったこと。

もしこんなところで、こんないい天気で

DSなんかやってる子がいたらどうしよう・・・

と内心ドキドキしてました(^_^;)

みんな元気でいいぞ!!

うちの子も負けじとはしゃぎまくっていましたが、

そろそろ帰らねばと娘を促すと

「まだ帰りたくない!もっと遊ぶ!!」と

ごねられてしまいました。

特に用がなければもう少しいてもよかったのですが、

家でお姉ちゃんがお留守番しているので

さすがに次女を何とか説得して帰りました。

ごめんね、今度はお弁当持ってゆっくり来ようね(*^_^*)
初めてのどんぐり
ロボット教室に通う生徒が

お試しで、初めてどんぐり問題にチャレンジしました!

5年生の子ですが、アッサリ正解(*^。^*)

IMG_0435.jpg

暇つぶしに短時間で解いたのですが、

ちゃんと解き方の説明もしっかりできました。

ただ、初めてなので絵図の部分はさみしいですが

もしこの先、小学校卒業まででもどんぐりを続けてくれたら

なかなかの賢い子になりそうです。

彼は普段はとってもおしゃべりでマイペース。

それが学校では浮いてしまって周りと合わせられないと

保護者の方が悩まれていましたが、

全く問題ありません♪

10年後にはどえらい大人に成長すると思いますよ(^.^)

どんぐり問題を楽しく取り組んで、環境設定ができていればね!



学校、子育て、教育、長野市の塾

子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。