プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかなかどうしたものか・・・
先日体験に来た小5の子のお話。

最初に会った時の印象

「お、子供らしい柔らかい笑顔がある」

聞いてみるとやっぱりね、

遊びの大半は外遊びで、ゲームを持っていない。

こりゃ悪くないかな・・・?

と思ったのもつかの間、頭の健康診断は完全に末期状態。

それもそのはず、年少時から習い事のオンパレード。

多い時で7個!!

しかも〇文・そろばんを始めとする危険なものばかり。

加えてお粗末な宿題もしっかりやり続けたとのこと。

(でもここ1~2年は宿題もさっぱりわからず、手が付けられないらしい)

どうしてこんなになるまで・・・(涙)

あどけない笑顔が余計に痛々しく見えて、本当に泣きたくなる。


一応一通りお母さんに説明したけど

現在の子供のまずい状態と、危険な大量の習い事にどうもピンとこない様子。

当然のことながらほとんどの習い事を止めて

リセットしてもらうことをお願いしましたが、どうも渋ってる・・・?

「これだけの害になることをやり続けてきた結果が、今のお子さんの姿なんですよ!」

と言いたくなったが我慢して、どうして止められないのか聞いてみると、

「〇文の先生がとってもいい先生」とのこと。

う~ん、そうなんだ・・・きっと子供に優しい人気の先生なのかな?

僕とは真逆のタイプかもな・・・

でもね、その先生って本当に子供の大切な部分を見てくれてるのかな?

パターン学習でこの子の様になってしまっている子をたくさん見てるはずなんだけどな・・・


僕は以前、パターン学習の塾をやっていて、

「明らかにコリャおかしいぞ!?」と思ってどんぐりに行きついて

それまでの教室をキッパリやめてしまったんだけど、

この先生は子どもの状態に何も感じずに、何も疑問に思わなかったのかな?

それとも世界チェーンの安定した収入に、背に腹は代えられなかったのかな?

でもね、やっぱりここまで酷くなっていれば絶対に気付かないはずがないと思うんですよ。

悩んではみたものの、運悪くどんぐりを知ることができなかったなら仕方ないのだろうか・・・


いずれにしても、今回の体験者の親子はどんぐりを知ることができました。

まだ入塾はしていませんが

もう後はこのお母さんの価値判断に、この子の運命を委ねるしかありません。




スポンサーサイト
う~ん・・・
昔からよく言われているこんなものを見ました。

〇文の弊害

この中で応えているのは小学校の先生。

同じことを何人かの塾の先生から聞きましたし、

私も〇文の弊害をもろに受けた小中学生を

何人も見てきました。

別に〇文を批判しているわけでも営業妨害をしたいわけでもありません。

でも全て事実です。

なぜみなさん〇文に行くのでしょう・・・?

思考力が育たずに成長してしまった

あるいは人為的学習障害になってしまった

子供たちをたくさん目の当たりにした

私としては不思議でなりません。


世界的に有名だから?

コマーシャルをバンバン流しているから?

昔からあるから?

同じクラスの子が通っているから?

楽しい教材でお手頃値段だから?

計算が早くなりたいから?

先取り学習がしたいから?


いろいろ理由があると思いますが。

9歳までは子育ての面で

一番慎重にならなければいけない時期。

そこに行くなとは言いませんが

じっくり考えて決めるべきだと思います。

思考力育成は12才が臨界期ですから。


学校、子育て、教育、長野市の塾
子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

小学生が英会話って必要?
小学生の英会話。いろんなご意見があると思います。

別に英会話に限りませんが、小学生で

塾に行っている子のご両親は、

どこまでそれに対する目的意識や有効性

考えているのか疑問に思うことがあります。


もちろんお子さんが自ら「やりたい!」って言うなら

やってみるのもいいと思いますが、

英会話に限っては、周りがやっているからとか

小学校での英語の授業が3年生からになるからとか

今のうちに英語に慣れさせたいとか

国際性豊かな人間にしたいとか

英会話力を今からつけたいとか


何かピンと来ないというか、ズレてるな・・・

という気がしてなりません。

その理由として下記のようなものがあります。

①単純に将来仕事であれプライベートであれ、
英会話ができるようになりたいと思うなら、
3歳までにネイティブと1週間以上会話をするか
(会話にならなくても可)、
高校生くらいから留学するのが確実だから。

②小学生で英会話に行っていた子で
中学の英語で常に80点以上とっている子は
2割もいないと思えるから。

③中学の英文法をちゃんと理解したいなら
小学校の国語の文法の基礎だけ習得しとけば
いいだけだから(逆にこれができていないと
英文法はチンプンカンプンなのに、その重要性に
誰も気づいていない・・・)

④仮に一時的に英会話が多少出来たとしても
使わなければ忘れてしまうし、高校や大学受験の
得点だけを考えるなら有効性はあまりないから。


いずれにしても、趣味のお習い事と割り切った上で

主体的な外遊びや思考力を鍛える学習

をしっかりとやっていれば

英会話も悪くはないと思いますよ。

くれぐれも習い事漬けで、笑顔のない子や

目を見て挨拶や会話のできない子には

して欲しくないです。

そんな子は国際社会で活躍するどころか

日本での生活もまともにできるとは

思えませんから。


学校、子育て、教育、長野市の塾
子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。