プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
ひどすぎる
ある小5の生徒のクラスでは

毎日10問の漢字テストがあるそうです。

IMG_0620.jpg

こんなプリントが3枚あって

この中から毎日10問のテストをするそうなのですが、

単にテストをするだけなら全国どの学校のクラスでもやっているでしょう。

しかしこのクラスの先生は半端ないです。

テストのための漢字の書き取りの宿題は

当然毎日1ページ以上。

さらにテストで間違えた漢字は1文字につき1ページひたすら書く!

5個間違えたら5ページ書く!!

そしてそれがテストで満点採るまで続いてしまう!!!

もう狂ってるとしか思えません・・・

「漢字」、そんなに大事ですか?

大人の皆さん、現在漢字が書けなくて苦労されてますか?

大学で漢字が書けなくて留年しましたか?

高校で漢字が書けないことが大学入試に大きく影響しますか?

中学の定期テストで漢字の配点の割合は2割以上あったことありましたか?


極端な話ではなく、

漢字が書けないことなんて、人生において全く大した問題ではないのです!

漢字なんて読むことさえできれば、

書き取りが1問もできなくても国語のテストで80点以上取れます!

逆に漢字ばかり勉強してきた子は20点以上取れない

確率のほうが高いことになぜ気づかないのでしょう!?


漢字がどうでもいいとは言いませんが、

12歳までにやらなければいけない学習の中では

ずっと、ず~~~っと優先順位は下です。

今、小学生がまずやらなければいけないのは

全教科の文章問題を読み解くことを含めた

この先の人生で様々な問題を乗り越えていくための

「思考力の育成」でしょ?

小学校の先生。お願いですから

子供たちの大切な時間と労力を

本当に大切なことの為に使ってもらえませんか?







スポンサーサイト
漢字の宿題
新年度が始まり、小学校ではクラス替えや

先生が代わったクラスもあるようですが

私の教室に通うある生徒のクラスでも先生が代わったようです。

で、その新しい先生というのが漢字の宿題に関して

かなり厳しくて有名な方らしく、

毎日2ページの書き取りを宿題として出し、

そのつど毎日テストをやるそうです。

しかもそのテストで満点を取るまでは

延々同じところの書き取りを宿題として出すということで

その保護者がどうしていいか相談されてきました。

もちろんアドバイスとしては

お母さんに宿題をやっていただくか

その先生にそういった宿題をやめていただくことを

直談判していただくようにお願いいましたが

なかなか難しいでしょう。

この小学校の先生は、生徒のために良かれと思って

出している宿題でしょうが、実際は子供の成長を

潰してしまっていることには気づかないでしょう。

またこういった先生を称賛する保護者がいることが

勘違い教育による低学力化を助長してしまっている原因です。


ところでこの近辺での中学校の宿題はどうかというと、

教科ごとに自分の好きなやり方でノート1ページ分の宿題をやる

『1P』というスタイルが主流です。

小学校でもぜひこのスタイルで宿題を出してもらえないかな・・・

そしたら漢字はIF法でじっくりゆったり丁寧に練習できて

無駄な時間と労力を使わずに確実に覚えられるのに。


学校、子育て、教育、長野市の塾
子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



学校の宿題は万能ではない
何度かこのブログで話していますが

小学校の宿題は残念なものが多いです。

その一例が漢字の宿題。

漢字ノート縦一列に同じ漢字を作業的に書き連ねる。

それを1ページ埋めて提出する。

結果、書き順が間違っていようが、

汚い書体だろうが

間違った字や送り仮名を書いていようが、

次の日に全く憶えていなかろうが

提出すればいいらしい。

こんな漢字の宿題もあります。

IMG_0307.jpg

よく見ると②が間違っていても、先生は3重マルをくれます。

別に学校の先生を責めるつもりは全くありません。

1度に30人以上の生徒の宿題を細かくチェックするなど

不可能に近いから。

でも保護者のみなさん、こういった残念な宿題を

作業として毎日毎日やらされ続けた子供たちの

心と頭はどんな成長をするでしょう・・・

私は、こんなことに大切な時間と労力を費やしている子供たちが

可哀そうでなりません。


学校で教わったり指導されることは万能でもなければ

間違ったこともたくさんあります。

学校は決して「賢くなる場所」ではありません。

ただ義務教育のカリキュラムを提示するだけの場です。

その中でわが子が本当の意味で賢くなるには、

保護者の皆さんが各々に自分の子供をよく見つめ、

何が本当に大切で、何をやってはいけないのかを

見極める必要があるのです。

純粋な子供たちはそんなことはわかりませんし、

学校または先生を絶対的なものと捉えてしまうから危険なんです。

別に、学校や宿題をボイコットしろだとか

私立の小中学校でガリ勉しなさいとか言っているわけではありません。

子供たちが自然に賢くたくましく成長してほしいだけです。

しかし、こういった宿題を何の疑いもなく

右へならえでやっていって、主体的な意見や行動ができる

子供に成長するとは思えません。

中にはちゃんと話せば、宿題の内容を変えてくれたり

宿題をやらなくてよい選択肢をくれる先生もいると思いますが、

そういったお話が苦手な方は、両親が子供の宿題をやることを

お勧めします。

そのかわり、子供には「じっくり、ゆっくり、丁寧に」

文章問題に取り組ませてください。


学校、子育て、教育、長野市の塾
子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





週末の宿題
小学校では週末になると

お決まりのように、土日にやる

大量の宿題
が出ます。

その一部がこんな感じ

IMG_0185.jpg

これ5年生の宿題なんですけど、

内容は2~3年生向け。

あの~、先生一体何を考えていらっしゃるの?

これを持ってきた塾生は

当然こんな問題簡単にできますが

こんな「考える力」を潰すような宿題は

やらせたくありません。

同じような計算問題80問以上・・・

こんな意味のないことやるなら

お絵かき問題1問をじっくりやったほうが

どれだけ賢くなることか!

どうしても計算問題させたいなら

せめてトライアングルナンバーズ

していただけませんかねぇ(^_^;)


学校の宿題がキケンなわけ
どんぐり式では学校の宿題の内容に

注意するように呼びかけてます。

それはこういう宿題が出るからです。


IMG_0168.jpg

これに対して、この生徒は写真の②のように

決められた図に文章の言葉や数字を

わけもわからず当てはめて答えを出そうとしました。

その結果がこちらです、

IMG_0169.jpg

学校ではこのヒントの図を真似て書けば

答えが出るよ~くらいにしか教えないので、

子供たちは文章を全く読み取らずに、

図の適当な場所に文字と数字を当てはめて

めちゃめちゃな答えを出します。


同じ「図」を使って解くといっても、

どんぐり式の「絵図を使って解く」とは

意図するところが全く違います。



ずれたやり方でも小学校で学んだことは絶対と

思い込んでしまう生徒への影響力はすさまじく、

せっかくどんぐり式で得たものを

こういった問題に活そうとしないくらいに

学校で洗脳されてしまうから恐ろしいのです。


結局この後どんぐり式で

わからなかった④の問題を解いてみたら、

下の写真のようにあっさり解きました。

IMG_0170.jpg

小学校では集団授業の為最初の写真のような

やり方でしか教えようがないのはわかります。

しかしこれだと、半分以上の生徒は

根本的な理解を全くしていないという事実を

お母さん方にはわかっておいていただきたいです。


学校、子育て、教育、長野市の塾
子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村