プロフィール

内山 武俊

Author:内山 武俊
シンク長野青木島校代表の内山です。
子供たちが「考える力」を身に着け、自分に正直に優しくたくましく生きていってほしいという想いから「ぶんぶ学院」を「シンク青木島校」へとグレードアップ&リニューアルしました!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

しんきんぐブログ
みんなが笑顔で仲良く自分に正直になれたらいいなっていうブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは姿勢から
先日ご紹介したテレビ番組「あすなろラボ」で、林先生が言われていた、子育ての中で最も重点を置かなければならない家庭での「躾け」。

その中でも特に「姿勢」が一番大事と言われていたのが、ずっと気になっていました。

というのも、当塾でもいわゆる低学力の子供で、集中力・忍耐力のない子供の共通点として姿勢の悪さに気づいていた私は、時々生徒に注意はしていたのです。

しかし林先生の話を聞くまでは、「姿勢」に関しては家庭内の躾けの問題と思っていたので、そこまで重要視していませんでした。

で、この頃はというと、まず私自身常に背筋を伸ばすように心がけ(もともと少し猫背だったため)、生徒に対しても、学習内容以前に姿勢を正して学習させることに注意してみました。

今は夏期講習中で普段より授業時間が長いため、普段60分も集中できない子が120分もつか心配だったが、30分に1回くらいのペースで注意を促したら、意外や意外、だらけることなく120分の従業が無事に終わったのです。

あんなに集中力と忍耐力のなかった子が、「姿勢」だけを注意し続けただけで120分頑張れるとは・・・

恐るべし林先生(笑)

でも冗談じゃなく、ご家庭でも子供だけに限らずみなさん「姿勢」に気を付けてみてください。

集中力が増して生産性がアップしますよ!


学校、子育て、教育
子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
地頭とは
ぶんぶ学院では「どんぐり式」の教室を

「地頭を鍛える学習教室」と銘打ってます。

読み方は「じとう」または「じあたま」

どちらでもいいようですが、パソコン的には

「じとう」と打つと「地頭」と変換されます。


では「地頭」とは何か?

調べたところによると

大学などでの教育で与えられたのでない、その人本来の頭のよさ。
一般に知識の多寡でなく、論理的思考力やコミュニケーション能力などをいう。「―がいい」「―を鍛える


何となくイメージできませんか?

みなさんの周りにもこういう能力のある人いますよね(*^_^*)

テスト勉強していなさそうなのに、毎回点数のいいヤツ(イヤミをこめて)とか(笑)

みんなが一つの問題で悩んでいるときに、知識をひけらかすこともなく、

みんながハッとさせられるような意見を言う人とか、

あるいは論理的思考力やコミュニケーション能力が高いというのは、

人の上に立つ役職の方であれば必須の項目ですよね。


でもこの「地頭がいい」とは、特別な人だけが持っている能力ではありません。

正しい時期に、正しい環境で、正しいやり方で鍛えれば、

誰でも身に着ける能力なのです。

そしてそれを育てる考え・やり方が「どんぐり理論」なのです。



学校、子育て、教育
子育てにしっかりと向き合っているお母さんを応援したいので、ぽちっとお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。